医療介護ネタ

2012年4月24日 (火)

特別養護老人ホーム(特養)について

最近、求人問い合わせや転職相談のなかで看護師の皆様からご要望の多い特養について整理のため、まとめてみました。

特養(特別養護老人ホーム)とは
特別養護老人ホームは、介護保険施設のひとつ。特養は老人福祉法に基づく呼称で、介護保険法では介護老人福祉施設とも呼ばれる。主に社会福祉法人や地方自治体が開設。身体、精神上の障害のため常に介護が必要で、家での介護が困難な人が対象。要介護度1~5の人が利用できる。食事、排せつ、入浴など日常生活の介助や健康管理を受けられる。

特養における主な看護師の業務
施設によって異なりますが、主に嘱託医とのパイプ役、体温、血圧などの健康面の管理、点滴、摘便、薬の管理、老人ひとりひとりの状態を把握してミーティングで報告、パソコンへの記録、医師の定期の診察の際のつきそい、介護職から指示を求められることなどが挙げられます。

特養の人員基準
①施設長:1名
②医師:入所者の健康管理及び療養上の指導を行なう為に必要な人数の医師(非常勤でも可)を配置すること。
③生活相談員:専従の生活相談員を、入所者:生活相談員=100:1以上の比率で配置すること。
④看護職員と介護職員
看護職員又は介護職員を、常勤換算で、入所者:職員=3:1以上の比率で配置すること。
※常勤換算とは、勤務延べ時間数(=サービス提供に従事する合計時間数)をその事業所の一般常勤職員の所定労働時間(週32時間を下回る場合は32時間)で除して、非常勤職員又はパート職員の人数を一般常勤職員の人数に換算した数値です。

看護職員の配置人数は次に掲げる通りです。
・入所者が30人以下の場合は、常勤換算で1人以上配置。
・入所者が31~50人の場合は、常勤換算で2人以上配置。
・入所者が51~130人の場合は、常勤換算で3人以上配置。
・入所者が131人以上の場合は、常勤換算で4人以上配置(入所者130人を超過する人数が50人を超える毎に更に1人以上加算)。
⑤栄養士:1名以上
⑥機能訓練指導員:機能訓練指導員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、按摩マッサージ指圧師)を1人以上配置すること。
⑦調理員、事務員その他の職員:当該施設の実情に応じた適当数

※入所者数は前年の平均値による


AD---------------------------------------------------------------

お話し相手サービス

高齢者見守りサービス

在宅安否確認サービス

 

 

2012年4月 8日 (日)

介護報酬改定【介護職員処遇改善加算】

ようやく、処遇改善交付金の実績報告書を作成。
期限はまだまだ先ですが、すでに事業所を休止したため
早めにやっておかないと忘れそうで・・・coldsweats01

ちょっとした残務処理です。

ところで、この4月からの改定は一見「施設から在宅へ」という方針のもと
在宅系サービスに1.0%、施設系サービスには0.2%の1.2%引き上げ
という介護報酬とのことですが、実際はマイナス改定ですよねsweat02

これまで介護報酬とは別建てで財源確保していた「介護職員処遇改善交付金」を
介護報酬本体に組み込むとなると、交付金総額は2%相当でしたので
実質0.8%のマイナスで、さらに地域区分の見直しによって
地域によってはなんと3%を超えるほどのマイナスとのことです。

この4月からは「介護職員処遇改善加算」となり、所定単位数にサービス別加算率を
乗じた単位数で算定するとのこと。

【サービス別加算率】
訪問介護:4.0%、訪問入浴介護:1.8%、通所介護:1.9%、通所リハビリテーション:1.7%、
短期入所生活介護:2.5%、短期入所療養介護(老健):1.5%、短期入所療養介護(病院等):1.1%、
特定施設入居者生活介護:3.0%、定期巡回・随時対応型訪問介護看護:4.0%、
夜間対応型訪問介護:4.0%、認知症対応型通所介護:2.9%、小規模多機能型居宅介護:4.2%、
認知症対応型共同生活介護:3.9%、地域密着型特定施設生活介護:3.0%、
地域密着型介護老人福祉施設:2.5%、複合型サービス:4.2%、介護老人福祉施設:2.5%、
介護老人保健施設:1.5%、介護療養型医療施設:1.1%

2015年3月以降、どうなるのか心配ですし、
また経営者の方々のご苦労は並々ならぬものであると
お察しします。

当社でも何かしらご支援できるよう考えていきたいと思います。


介護士の求人ならベネッセグループの【ベネッセMCM】

 

介護報酬早見表〈2009年4月版〉―介護報酬単位から関連通知まで

中古価格
¥3,054から
(2012/4/8 16:11時点)

その他のカテゴリー